アフターショックス Aeropexレビュー ペアリングも簡単!

雑貨、日用品

骨伝導で音を伝える、耳に負担のないイヤホン「AfterShokz AEROPEX

リモートワークでオンライン上でのコミュニケーション需要が上がっているからこそ、

鼓膜へのダメージもなく、耳にも優しくて長時間聴いていられる骨伝導型イヤホンを検討されている方も多いと思います。

という事で本日は1年半以上愛用しているアフターショックス(AfterShokz) Aeropexの実機レビューを紹介します

AfterShokz AEROPEX 特長

AfterShokz AEROPEX
AfterShokz AEROPEX

AfterShokz AEROPEXの特長は以下の通りになります。

ワイヤレスで快適に使用可能な骨伝導イヤホン

AfterShokz AEROPEX
AfterShokz AEROPEX

「AfterShokz AEROPEX」はBluetoothで接続して使用するワイヤレスタイプの骨伝導イヤホンです。

当然、ワイヤーが絡む等の煩わしさもなく、快適に使用する事ができます。

体感ですが14,5mくらい離れていても接続したままで使用が出来、リモート環境下でも例えば仕事の合間にキッチンで飲み物を取りに行ったりしてもそのまま会話を行う事ができます。

最長8時間!バッテリーの持ち時間が長い

ワイヤレスとなると気になるのはバッテリーの持ち時間だと思います。

AfterShokz AEROPEXはフル充電で最長8時間程度持ち、度々充電する必要がありません。

充電時間については約2時間程度でフル充電状態となり、充電で待たされる時間もそこまで長くありません。

これもオフィスワーカーの方々にとっては非常に利点で、通常の勤務時間内であれば一度も充電せずに一日の業務を終えることができます。

軽量で耳にかけても重さをほとんど感じない!

AfterShokz AEROPEXはとても軽量で、製品の公式スペックを見ると26g程度です。

(軽く調べてみた所、100円玉5枚分、もしくはアルカリの乾電池1本分の重さでした。周りにあれば25gの軽さを確かめてみるのもいいですね)

実際に1年半以上使ってみても、耳に重さ感じて痛くなる事はほぼなく、むしろマスクの紐で引っ張られる方が痛く感じました。

防水や防塵性能も充実!

パッケージにある様に外で体を動かしても快適に聴けるという前提で制作しているので、多少の水や塵がかかっても問題なく使用する事ができます。

ただ、そこまで長時間水に浸しても壊れない保証はないので、水泳等のスポーツ時には使用は控えた方が良いと思います。

AfterShokz Aeropexのスペック

スペックは以下の通りです。

AfterShokz Aeropex スペック
スペック

特に

・骨伝導で鼓膜への負担がなく耳に優しい

26gと軽量で長時間かけても痛くない

・一度フル充電すれば8時間は使用可能

という3点が普段使っていてメリットだと感じています。

ペアリングの仕方

Bluetoothに接続する方法は以下の通りです。

PC、スマホでそれぞれ記載していますので、是非参考にしていただければと思います。

①電源をつける際に+ボタンを2秒程度長押しする

ボタン部分
ボタン部分

②AfterShokz Aeropexが赤青と点滅している事を確認する

③接続したいデバイスのBluetooth設定を行う

【Windows PCの場合】

・画面左下のスタートから設定

  ↓

・デバイス

  ↓

・Bluetoothとその他かのデバイス

  ↓

+ボタン(デバイスを追加する)

  ↓

・Bluetoothを押す

  ↓

・接続が成功すると「ピッ!」と音がなり、接続しました、と音声が流れる。

以後はデバイス設定のBluetooth → オーディオで接続できます。

デバイス設定
デバイス設定

【iPhoneの場合】

・設定

  ↓

Bluetooth

  ↓

・オンにする

  ↓

・AfterShokz Aeropexが出てくるのでタップする

Bluetooth設定

  ↓

・接続が成功すると「ピッ!」と音がなり、接続しました、と音声が流れる。

実機レビュー

AfterShokz Aeropexを装着して色々な事をしてみました。

実際の私生活でほとんどの方が行うであろう場面を想定していますので、参考になれば幸いです。

①電車に乗って移動してみた

通勤電車

コロナ渦で機会は減りましたが、ほとんどの方が電車の中で動画を見たり、ニュースを聴いたりしているのではないしょうか。

実際にAfterShokz Aeropexを付けて電車で移動した所、基本的には快適に使用する事が出来たのですが、以下の点が少し気になりました。

・電車内が騒々しかったありアナウンスが入ると少し聞こえづらい。

骨伝導による振動で音を聞く一方、鼓膜を経由して外の雑音が入ってくる為、雑音のボリュームが大きいと少し骨伝導経由の音が聞き取りにくかった様に感じました。

そんな時はAfterShokz Aeropexの先端部分を少しギュッと頬骨に押し当てると良く聞こえました。

②外でランニングしながら聴いてみた

ランニング

リモート環境下の中で運動の機会が減った事で、意識して運動に勤しむ人も増えたのではないでしょうか。

そんな自分も今年に入ってから週2日程度、子どもたちと近所をジョギングしてリフレッシュしたりしていたので、そんな時にAfterShokz Aeropexを使用して音楽を聴いてみました。

電車の時とは違い閑静な場所を走っていたので雑音はそこまで気にならなかったのと、結構思いっきり走ってもイヤホンがズレたり落ちたりした事はないので、

ジョギング、ランニング程度であれば程よくフィットしてちょうど良いかなと思いました。

③在宅ワーク時に使ってみた

リモートワーク
リモートワーク

これは先程の特長でも述べたように、リモートワーク下ではこのワイヤレスイヤホンは絶大な効力を発揮していると感じました。

「このフル充電(8時間)がもし切れたら今日は仕事を切り上げて終わりにするんだ」と決めておき、残業時間を減らした事もありました(そうは言っていられない時ももちろんありますが、、、)

また、長時間の会話でも耳がほとんど疲れないので、快適に業務や打ち合わせに望む事ができました。

これを使い続けて骨伝導イヤホンに慣れてしまったのか、たまに普通のイヤホンを装着して音を聴くと、鼓膜に直接音が来る感じがとてもうるさく、音量を下げても違和感しか有りませんでした、、、、

まとめ

最後になりますが、改めて本記事のまとめです。

①筆者が感じたAfterShokz Aeropexの特筆すべき特長は3つ!

  • 骨伝導で鼓膜への負担がなく耳に優しい
  • 26gと軽量で長時間かけても痛くない
  • 一度フル充電すれば8時間は使用可能

ペアリングはとても簡単!一度付ければ10m程度離れても接続が途切れず使用可能!

③日常の様々な場面で使用してみて基本どの様な場所でも快適に聴こえる!ただし、電車が雑音が激しい場所ではイヤホンの先端を頬骨に押し付けないと聴きにくい時がある。

Amazon.co.jp: AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン 防水bluetooth5.0 コズミックブラック : 家電&カメラ
Amazon.co.jp: AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン 防水bluetooth5.0 コズミックブラック : 家電&カメラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました