【海外部署勤務歴5年】英語が使える自分になる為のマインドセットを解説

資格、勉強
英語を勉強している様子

どうも、ほたてっこです!

酸いも甘いも筆者が経験した“英語の勉強”に関するお話です。

皆さんは“英語ペラペラになって周りからすごいと思われたい”とか“英語使える様になって超イケメン(or美人)の恋人が欲しいな”と思った事はありませんか?

筆者もそういった理想の自分を描いて日々妄想していた事があって、

“モテたい”、“なんかカッコいいって言われたい”と思っていた時がありました

そんな妄想していた日々から、

実際に社内の海外部署に異動して5年以上実務を経験しているからこそ分かる

「こうすれば自分が理想に思っている“英語が使える人”になれる」英語勉強法をお伝えします!

今回は具体的な学習方法ではなく、自分なりのゴールを設定する為の下準備として参考になると思うお話を、自身の経験を踏まえてお話できればと思います。

と、その前に少しだけ自己紹介をさせていただければと、、、

<ほたてっこ>

都内で働いている30代のどこにでもいるサラリーマン

休日に家族でどこかに出掛けて遊んだり、仕事終わりにサウナとお酒で疲れを癒やす事が好き

最近γ-gtpの値が上がってきたため、節酒をしながら細々と過ごす



英語は言葉(手段) まずは英語を使って何がしたいのかを考える

「勉強法教えるって言ったのにいきなり説教じみた事言って、、、」と思った方にはすみません、、でもここが一番大事なので是非真剣に考えて欲しいポイントです。

「英語を使って、あなたがやりたいと思っている事は何ですか?」これが筆者が一番聞きたい事で、

ここを起点に必要な事をインプット&アウトプットしていく事が理想への近道だと思っています!

多分、こんな気持ちの方が多いのかなと想像しています

  • (英語を使って)いざと言う時にサッと道案内できるスマートな自分になって周りに“すごい!”と褒められたい。
  • (英語を使って)海外の人と仕事をして、「出来るビジネスパーソン」と評価されたい。(年収も上げたい)
  • (英語を使って)海外旅行に行った時に何不自由なくコミュニケーションを取って楽しみたい。
  • (英語を理解して)海外映画を字幕無しで見てみたい。
  • etc.

もしどれか一つでも叶えば楽しそうだし、出来た時の喜びも大きいですよね!

ここでお伝えしたかったのは「出来た時の自分を想像して“なりたい自分から逆算して何を勉強すればいいか考えた方がモチベーションも実現可能性もとても髙い”」という事です。

是非、「英語を勉強する」という小難しくてとっつきにくい考え方ではなく、「自分のやりたい“英語を使った行動”」を想像する所からスタートしてみてください。きっと対処の仕方も想像しやすいと思います。

どれくらい出来たらペラペラ?人によってその定義は全然違う

会話をする女性たち

先程もお伝えした通り英語は「言語」です。

英語を使う事自体が目的の方は「英語がペラペラになりたい」という漠然な願望だけで、最終的に自分がどんな場面で英語を駆使して活躍したいor楽しみたいかを理解していない事が非常に多いと思います。

「あの人英語ペラペラなんだよね」とは良く聞く言葉ですが、その度合いは人によってまちまちですし、「何かが出来る様になる」という事についてはある程度定量化(数値化)された目標を設定しながら自分でその深度を測っていく事が重要です。



筆者の体験談「英語を使って何がしたかったのか」

「そんな大層なこと言ってるからほたてっこは随分考えたんだよなぁ?(高圧的)」

と、もしお考えであればご安心ください、、、、、!

ほたてっこが英語を初めて理由は「成田離婚しそうになった」からです(爆) [たまたま会社が海外に力を入れるからそういう戦力を求めるとはもあったのですが正直それは後付けです、、、]

ハネムーンで初めて海外(ハワイ)に行ったほたてっこは意気揚々とディナーやお酒やお酒やお酒やレジャーを満喫していましたが、現地の方との会話で少しでも英語が入ってくると妻に任せっぱなしでした(今では反省しています)

お酒を楽しむ

そんなこんなで4泊5日のハネムーンが終わり、成田空港の国際線ターミナルから出てきた時、

「あなたとこの先もやっていけるか分からない、全然助けてくれようともしないし、、、いい加減にして」と今まで見たこともない妻の怒りの表情に顔が青ざめました。

成田離婚なんてネットやニュース上だけの話だと思ってましたが、いざ自分の身に起きるかもと思うと居ても立っても居られす、、、、

というわけで「ホスピタリティーのある夫になる」と言う約束の元、その元凶を生むきっかけになった“英語”を勉強して、次に海外旅行に行く際は全て自分で対応することになりました。

“ホスピタリティー”と“英語” 中途半端な結び付きでモチベーション低下

後味の悪いハネムーン(全部自分のせい)を過ごした翌週、英語の勉強を始めようと決心するも

「そんな時間があるなら早く寝たい&ゲームしたい」

と購入した英単語帳を7ページ程やった後、三日坊主以下の二日で断念してしまいました。

人間、不思議なのが一日でもサボると後は「やらなくてもまぁいっかアルゴリズム」が働き、

学習を止めてしまった自分に罪悪感を感じないばかりか「出来ないのは仕方ない、俺のせいじゃない」と自己弁護をしてしまい、完全に失敗したダイエット体験談の様な感じになってしまいました。



英語を使って何を成したいかを改めて考えさせてくれたきっかけ

「海外旅行に行くのは金輪際止めよう」と心に誓っていましたが、

たまたま出張から帰ってきた時に立ち寄った品川駅の本屋で見つけた

“海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる”

と言う本を読んで初めて「英語を使ってこれをしたい!」という強い動機付けができました。(きっかけを与えてくれた、という意味で、自分にとっては英語学習以上に価値のある本でした。)

著書の三木さんは英語が全く使えないにも関わらず

ひょんな事からソフトバンク孫正義氏の秘書になって海外との渉外を担当する事になってしまったという異例の経歴の持ち主で、

そんな「英語初心者」の葛藤や、その中でどうやって英語を身に着けていったのかが具体的に書いてあり、英語を学ぶ上で大切な気持ちの持ち方や自分なりの戦略を学ぶ事ができました。

まとめ

また近いタイミングで実際に学習した際の方法や、気をつけるべきポイントも書いていければと思いますのでご期待ください。

本日のまとめは以下になります。

“漠然と英語を勉強する”のではなく、英語を使って活躍or満足している自分を想像して、その姿に近づく為の具体的な“手段”として英語を学ぶ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました