【祝】国枝選手が2大会振りの金メダル!改めて車椅子テニスの魅力やその難しさに迫る

スポーツ

どうも、ほたてっこです。

先程終了した車いすテニスで日本代表の国枝慎吾選手が

オランダのトム・エフデリンク選手に6―1、6―2で勝利を収め、、、、

見事金メダルを獲得しました!(本当におめでとうございます!!)

希望をくれた人-パラアスリートの背中を押したプロフェッショナル- | 宮崎 恵理 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで宮崎 恵理の希望をくれた人-パラアスリートの背中を押したプロフェッショナル-。アマゾンならポイント還元本が多数。宮崎 恵理作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また希望をくれた人-パラアスリートの背中を押したプロフェッショナル-もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

学生時代テニスに明け暮れていた事もあり個人的に注目していたのですが、

プロフェッショナル 仕事の流儀のアスリート特集で拝見して更にファンになりました!

Amazon.co.jp: プロフェッショナル 仕事の流儀(NHKオンデマンド)を観る | Prime Video
さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げる番組。普段はカメラの入れない仕事の現場に密着し、現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫る。(C)NHK

そこで本日は、通常のテニスとの違いやその難しさ、魅力についてお話していきます。

その前に少し自己紹介を、、、、

<ほたてっこ>

都内で働いている30代のどこにでもいるサラリーマン

休日に家族でどこかに出掛けて遊んだり、仕事終わりにサウナとお酒で疲れを癒やす事が好き

最近γ-gtpの値が上がってきたため、節酒をしながら細々と過ごす

数多くのプロ選手が各地にいる!車椅子テニスの競技人口

テニスコート
テニスコート

元々はリハビリや治療の一環として発症したスポーツの為正確な競技人口を図る事が難しいそうですが、

指標としてITFの世界ランキング保持者数を見るのが規模感を図るのに便利です。

現在、ITF(国際テニス連盟)に所属する車いす選手は以下の通り

  • 男子シングルス:約640名(内、日本選手55名)
  • 女子シングルス:約180名(内、同左20名)

ちなみにプロテニスのATP(男子プロテニス協会)とWTA(女子テニス協会)に所属する世界ランキングホルダーは

  • 男子シングルス:2057人(約3.2倍)
  • 女子シングルス:1285人(約7.1倍)

テニスの方が男子・女子共に多いですが、

640名程いるプロ車椅子テニスプレイヤーの中を勝ち抜いて

金メダルを獲得した国枝慎吾選手の偉大さは色褪せることはないでしょう!

以前、日本の記者が世界的なプロテニスプレイヤーのロジャー・フェデラーにインタビューした際

「日本では何故世界的なトッププロ選手が出てこないと思いますか?」と質問した記者に対して

ロジャー・フェデラー

「何言ってるの?日本には国枝慎吾がいるじゃないか」

と発言したエピソードを聞いた時に、車椅子テニスの知名度を改めて認識しました。

(あとロジャーカッコいいとも、、、!)

2バウンドで返球してもOK?車いすテニス独自のルール

サーブを打つテニスプレイヤー

初めて車いすテニスを見られる方が一番初めに驚くのは、

2バウンドしてボールを返球してもそのままラリーが続くことでは無いでしょうか?

車いすテニスでは2バウンドするまでの返球が認められており、

2バウンド目がコートのライン外で跳ねても打った方はアウトになりません。

(一方、卓球はパラリンピックでも1バウンドまでに返球しないといけなかったりと、ルールにほとんど違いはありません。)

ただ、実際にテニスをやった事があったり競技をご覧になった方なら分かるかもしれませんが、

仮に1バウンドまでの返球しか認められなかったら試合にならないと感じました。

また、相手が打ったボールに対して、“自分の足で”移動して踏み込み、“自分の腕で”打ち返すテニスとは違って車椅子テニスでは

  • “自分の腕で”車椅子を操作して、
  • “自分の腕で”ラケットを使って返球する

ことになるので、腕にかかる疲労度もとてつもないと感じました。

https://twitter.com/i/broadcasts/1RDGlPzEkboGL

2020 FAN TV 競技体験で理解を深める「車いすテニス編」より引用

https://twitter.com/i/broadcasts/1RDGlPzEkboGL

これ見てて思いましたが普通にテニス経験がある方でも難しそうですね、、、

ラケット持ちながらの移動って大変そう、、、

ブレーキがない?競技に特化した専用の車椅子

普段の私生活で見る車椅子は障害物や人にぶつからないようにブレーキが付いていますが、競技用の車椅子には装備されていない様です。(そもそも競技ルールとしてプレイ中のブレーキ使用が禁止されている為。)

打ち返す時に踏ん張るにもある程度スピードを抑えた状態でないと

打ち返せないのにブレーキが使えないなんて、、、

また、プレイ中に上下左右に移動しやすくする為、競技用の車いすは重心が前に来るよう設計されているそうです。

競技を見ると相手の打球に追いつくためにいち早く回転して落下地点まで向かっていますが、

確かに普通の車いすではあんな風に移動できないですね、、、

まとめ

今回は車椅子テニスの魅力やルール、競技用車椅子の特徴について書いていきましたが、いかがだったでしょうか?

私も含めてパラリンピック等でしか普段触れる機会がない方が大半だと思いますが、

その過酷さやその競技人口の多さを知って「本当に凄いスポーツなんだなぁ」と認識する事で更に彼らへのリスペクトも増すのではないかと感じました!改めて国枝慎吾選手、おめでとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました